スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドホン祭2016春 個人的まとめ

こんちゃかわ~

最近小林立大先生のあいさつすることにハマりつつあります。

いや~、咲-saki-本編では善野さんの言葉に泣かされたり
シノハユでは閑無ちゃんに対するはやりんの言葉に痺れたり
また、ワールドトリガー読んでは那須さんかっけえ!とか言ってますが
今回はヘッドホン祭いってきたよ!ってことで

~前日譚~
後輩「忙しくなかったらヘッドホン祭行くぞ」
俺「まじか、忙しくはないけどだるいな」
後輩「忙しくないなら行くぞ」
俺「うぃー」
後輩「物販行きたいんで、早くに出るよ」
俺「やだもー!」

そんなこんなで迎えた4/29(金)

ワートリで修にアフトクラトル戦の戦果を報告するために
病室に来た宇佐美先輩のような顔でずっと「ほげー」っとしてました。


気持ち程度の咲-saki-要素
これが朝飯だよ!
セブンでおにぎり100円セール。ありがたい。

今回は、物販勢来た順に並ばされるわけでなく
整理券配布して、10時にまたここに集合!解散!って感じでしたね。

いや別にいいんだけど、今日すごく強風だったんでなんか行く場所もなく
結局サンプラザのホールにはいて、なんかねw
でもほら、運営側からしたらやりやすいし、いいよね。

特に金があるわけでも、お目当てのものがあるわけでもないので




物販離脱で向かったのは、いつもの茶楽音人さんへ


毎回ながらかなりいいですね~
中高音あたりめっちゃ綺麗で、なおかつ下も出てて、
咲-saki-のOPとかでも聴いたんですがめっちゃ綺麗だったんでいいですぞ~~~

「こどんぐり」ってのもあったんですが、5kで出す予定とかいいつつ
頭おかしいくらい音良かったんで、出たら買いですね。

次にYAMAHA

YAMAHAのブースでなんかずっとしゃべってましたw
僕は試聴すれば抽選参加できるぞって言われたのでふらっと寄ったんですが
思いのほかブースの人と盛り上がってしまいw


そしてHD800S!!!(あ、HE-1はいないんですねという第一印象)

どうせ、HD800とそんな変わんないでしょ・・・。え?
全然違うやんけ!!!!

ボーカルとタムとリードギターあたりの鳴らしわけがかなりうまくなってる!
横にHD800あったんで交互に聞いてましたw

開放型なので大音量で「ワールドエンドエコノミカ」をゼンハブースに鳴り響かせながらニヤけるワイ

あと関係ないけどHDVD800の印象も変わりました。
あれ、バランス接続しないとポテンシャル発揮されないんですねww
めちゃめちゃいいじゃんバランス!!!

後輩「FENDER行ってきます」
俺「あ、じゃあここらへんにいます」

俺「あっこれは」





だそうです。
まあ、今回の目玉だし、詳しく知りたい人は他のブログ見た方がいいぞ。
確かに真空管っぽくはあったが、音場狭すぎてな(それはHD800Sの後に聴いたからでは)

後輩「まだFENDER聴いてません」
俺「まじか」

そしてKOJOへ

これいい!!これほしい!
感じとしてはE12の上の音域にいってるやつを下にシフトしたイメージ。
写真のこれは伝統工芸モデルですが、通常版は12800円らしいので、ホントそんな感じですね。

他にも

とか

とか。
上は限定で来月出るらしいです。
単4一本でこのパワーはすごい。

おまけ

結構音良かったですこれwww


悲しいなぁ。

そんなヘッドホン祭でした。

以上!!!
スポンサーサイト

こもちケーブル[Vega]のれびゅー

記事連投いっきまーすwwwwww

一緒の記事にすると長いからね。

この記事ではこもちケーブルのVegaっていうミニミニケーブルのレビューしていくよ。

こちら

これね。



僕二本買っちゃったよー。
二本受注したの初めてって言われたけどwwwww

詳しいことは彼のところで

Vegaについて

さあ、重要な音は?

ボーカルが一歩前に出てきて、低域の厚みが増え、
尚且つ中高域や高域の伸びとキメ細やかさがすばらしい。

ってこれ最強じゃないかwwwwww

はい、最強です。
基本的にポテンシャル高いです。

霜月はるかさんの君が居ない鳥籠とか聴くとかなり良さがわかります。
ボーカルの原音再生?的な能力が高く、
かといって中低域がかなり気持ちいい感じに膨らみます。
量が若干多くなっただけじゃなく、いい感じに伸びてきますね。
HD650みたいな低域を想像してもらえればいいと思います。

だがしかし!!!

さっきの画像をよく見比べた人や勘のいい人は気づいたかもしれませんが、
僕、



逆向きで使ってるんです!!!!!!!!!!


なんでかって?
だってこっちの方が音いいんだもん。

正規な向きだと、ボーカル一歩下がって、低域の量が1.5倍くらいになるんですよ。
なんでそれが正規向きなのかって?
製作者がAKユーザーだからなんだと思います。

つまり!!
環境によって、好みによって、向きを変える必要があると。

AKの場合やっぱり中高域の細やかさや、ボーカル域の伸びなどが
基本スペックとなります。
人によっては低域が薄いから味気ない。そんな感想を持つ人が
いると思います。実際私も、そういうAKの傾向からあまり好みとは言えません。
しかし、その他アンプやDACによって改善することは可能です。
その一つとして、Vegaはその選択肢の一つだと思います。

しかし、僕の場合、
ウォークマンにNIP-05THという環境をポータブルで持ち歩いています。
そのため、元々低域が充実してるので、こういう結果になってます。
イヤホンもIE80だしね。

そのため正規向き+UMPRO30ではかなりいい音が出てます実際。
BAの中でも低音の多いUMPRO30とはいえ、元々BAとは低域の薄いものです。
なので、割と相性いいです。
どちら向きが音いいというわけではなく、自分の環境に合わせて
変えてみてはどうでしょうか?程度のものです。

まあ、そういう特性もありますがってかんじですね。


そんなVegaですが、どんな曲でも得意というわけじゃないと思います。
音数の少ない曲はちょっと苦手かなと思いました。
逆に、音数の多い曲はきっちり鳴らしわけることができていて、かなりいいです。
岸田教団とかかなり聴きやすいです。

音数の少ない曲は、前の記事にある筋骨格の方がちゃんと鳴らせてるかなーとは
思いましたね。
なんというか、オールラウンダーではないかなーと。

ただ、実際、個人的な感想は
「これ最強すぎて、これよりいいケーブルあるかな?」だったので、
オススメにオススメを重ねてオススメしたいと思います。

一応、言っておくけど、回し者じゃないのよ?

それでは


【追記と訂正】
製作者からこんなお言葉をいただきました。


大変失礼しました。

個人的にあの画像で
「小餅君AK使ってるからこういう音にしたんだろうなー」
という推測の上で記事を書きましたことをお詫びいたします。



まじすいません。
特にAKユーザーを批判したりとかそういう偏見では語ってないのですが、
気分を害した方がいればお詫びいたします。

しかし、重ねて言っておきますが、
ただの偏見ではなく、推測と思考で語ったことなので
他意とかは一切ないです。

僕はdisるときは直球でdisったり、直球で批判するので、
こういう周り込んだ皮肉とかはいいませんので、
そこらへんは理解していただきたいというか、
誤解されたくないなというのはあります。

今後とも、よろしくね☆

すけるとんケーブル[Cervical]のレビュー

おはよー!

どもども!
結構長い間書いてませんでしたねw

さて先日(3/23~3/26)関西聖地巡礼の旅!
やってきました。(結構前じゃん・・・。)

いや帰ってきたらすぐ書こうと思ってたんですが、忙しい&やる気が。。。

というわけで今回、やっていこうと思うわけなんですが。
咲-saki-の聖地行ってきた記事でもよかったんですが、
春のヘッドホン祭りもあと一か月!ということなので
今回はこちらを紹介しようと思います。

CCUVCsKUwAAGrOY.jpg
どれ!?
と思うかもしれませんが、そこのケーブルですww

これは何かというと、すけるとん君の自作ケーブルです。
製作にはひびき君にも手伝ってもらいました。
このケーブル、名前はCervicalというらしんですが、そんなことは聞かされてないので
便宜的にすけるとんケーブルと呼んでいます。
元々はどっかの軍需用ケーブルらしいんですが、詳しいことは企業秘密!
しかも第一号機なので、

すけるとん「音は作ってからのお楽しみ!」


ということで、まあ実験も兼ねてということなんですがw

聴いた当時の僕はこんなこと言ってますね

へぇ~そうなんだ~
まあ補足すると、UMPRO30の長所をぐっと持ち上げた感じですね。
UMPRO30しかMMCXイヤホン持ってないんで、それの感想しか言えませんが、
割とフラットに且つ全体的に明るく解像度を上げてみました
みたいな感じでしょうか。

正直ここんところエイジング効果どうなるかずっと聴きこんでたら
案外しっくり来すぎて、元のケーブルに戻しても
「あれ?音悪い!」としか感じなくなってしまった。。。
エイジングによって、段々デメリットも見えてきましたけどね。

メリットは上記のとおり全体的に解像度がよくなり、ボーカルの伸び
及び、リードギターがぐっと映えてくるんですが、
デメリットとしては、元々そんな苦手ではなかったはずの
中域のミッドあたりが中域のハイよりも伸びてこなくなってしまっていて、
ちょい低いくらいの女性ボーカルだと曲によって、伸びてきてほしいところまで
伸びてきてくれない!ってことですね。
(岸田教団とLiaとかで比べてボーカルのみ意識すると顕著にそう思うかも)
気にならない人は気にならないだろうし、それよりも中高域の鳴り方が素晴らしいので
まあ特段気にするほどでもないかなぁとも思いますが、すこし感じたので書いときます。

CCUVB7nUEAAkoef.jpg
スマホだと画質悪いなwww
接合部分はこんな感じです。
厄介なUMPROシリーズですが、きっちりハマってます。

CCUVDiqUIAAaMpv.jpg
プラグはAmphenolの3.5mmステレオミニプラグです。
半田での音の変化はこの前聴いてびっくりしたんですが、
プラグのメーカーによる音の違いってのはまだ聴き比べたことありませんので
特段言うことはありませんw

あと、なんかひびき君が丁寧にプラグに半田付けしてくれたからか
なんなのか知りませんが、バランスっぽく聴こえます。
思いのほかLRできっちり音がわかれてるというか、
綺麗にわかれて鳴ってるというか。なんともいえませんが、
僕もアンバラでしか聴かないので、使っててすごくびっくりしましたww

取り回しは、悪いと言えば悪いですが、
普段からユニバースプロ使ってるのでそこまで不便ではないです。
クセが付きやすいのがめんどうではありますが。

まあ、ぶっちゃけ市販品ではないので欲しい方はすけるとん君に頼んでね

としか言いようがないんですが5kくらいで作ってくれたので、
すごくコスパがいいです。
ユニバース無印に変えるくらいなら断然オススメできます。



余談その1

筋骨格というすけるとん君自作ミニ-ミニケーブルも試聴させてもらいました。
一号機と二号機で半田が違うらしいんですが、
どっちも全音域ずつのミッドから
(説明しづらい)
(高域のミッド、中高域のミッド・・・ということを言いたい)
元気に鳴ってくる感じなんですが、二号機の方がわりかし落着き目で
ぐっと持ち上げられてる感じで僕は二号機の方が好きでした。
すけるとん君的には一号機が好きらしい
(逆だったかな?ま、いいや)


余談その2

Viablueという、これまた自作MMCXケーブルも頼んでお金も払ったのですが
まだ送られてないので、忘れないようにしてね☆(業務連絡)

まあいろいろトラブルがあったんですけどね。製作過程で。。。



と、いうわけで
気になった方は是非!すけるとん君にリプ飛ばしたってくださいww

では、今回はこの辺で!またね!


追記4/12

すけるとん「取り回しは圧倒的改善した。MMCXは独自カバーをデフォで採用する。
        Viablueの方は忘れてません。」

だそうです。やったぜ。

CarotOne FABRIZIOLOのレビュー

おはざーっす

毎回のことながら煽られて書くスタイルです。

今回はこちら!
B9kKQW5IcAABgdX.jpg




はい嘘でーす!!!!

ストーブの上で乾燥芋焼いてるだけでーす!!!
茨城県民のいつもの光景ですね。
しっかし、ストーブで焼いた芋はうまい。

そんな感じで本題
CarotOneのページ

って、HPイタリア語で読めねえ!!!!
B9kKOYIIEAIHtBR.jpg

こんな感じです。
上のビニールは埃よけです。
基盤から上まですっかすかなので埃怖い!!!


こいつを使いだしたのは、割と初期のころで
IE80を買った直後
多段で持ち歩くのってよくね?
って思い始めてポタアン探してた時ですね。

そのころにはもう
ゼンハには真空管
って言ってたんで、IE80に合うと思ったポタアンは全部真空管だったんです。

一番気に入ったのがALOのThe continental V2 (これ)

だけどまあ高かったね。5万円。当時の僕には手が出ない!

そこで真空管に興味をもっていろいろ聴いた中で
一番これっぽいのがFABLIZIOLOだったんですねぇ。

解像度はワンランク下がりますが、
バランス・質感・音色はほぼ同じと言っていい。
そんでもって買っちゃいました。
しかもこれ2万5千円でした(ALOの半額!)

そんなこんなで、据え置きメインな感じになったのはこいつのせいかも。。。
当時はこれにビクターのRX900刺して使ってましたけど、まあ音いい。

84HDを買ったので一度は二軍に落ちたものの
今では余ったDAC1のアナログ出力につないでます。
しかもこいつ何気にゴッサムのGAC2111と相性いいんです。

音の傾向としては、
中低音~中高音の音圧とボリュームを上げつつ、
中音域の質感を強く太くしてくれる感じです。
そのため低音と高音がちょっと埋もれちゃうんですよね。
そこでGAC2111で音場を広げて被らないようにすることで
響いてくるようになりますね。

電源を入れると
B9kKPgFIMAIIQyL.jpg
光ります!!!
可愛い!!!!

オレンジ色が好きな僕としてはこのボディと青く光った真空管が
たまらなく好きです!!!!!

THE真空管っていう感じですよね。あと、音的にも

あと機能的なことだと、
前面のIN/OUTが背面よりも優先されるので、
前に刺してると後ろから音はいらないし出ないです。
あとまあ、前に刺すとボリュームがクッソいじりにくいので注意。



そんなところでしょうかね。
個人的にFABRIZIOLO EXも欲しいんですよね。
(3万ちょいくらいになったら買う)

ではでは、またの機会に(・ω・)ノシ

トライオードTRV-84HD Mark2のレビュー

おはようございまーす

最近じわりじわりと
あ~るの~とさん作
第9回東方M-1ぐらんぷりの
面白さが沁みてきた二月初めでありますが、

先々週から書けよ書けよと言われていた
ウチの二代目真空管ヘッドホンアンプである
TRV-84HD Mark2のレビューをしたいと思います。

トライオードのHPだよ

DSC01848.jpg
はいどーん

これね(生活感しかねえ)

いやだってさっき撮ったし。。。

横からは
DSC01849.jpg
こんなです。

実際、デカいし重い!

出会いは、
ダイナミックオーディオさんの店頭でした。

「とりあえず適当にCD持って行って聴くかー」
って行ったのが原因です。

ちょうどいつも聴いてる
岸田教団の「星空ロジック」
持って行って、これにHD650刺して
聴いてたんですけど。
音場広い!!って思った瞬間
やはり、デカイアンプはちげえなと。
購入を決意しました。

今まで使ってたのは
Carot oneのFABRIZIOLO

ちっちゃいのにパワーもあって
真空管らしい音がして好きだったので使ってたんですが
やっぱオーディオはパワーだね!!

うんうん。
でも84HD、他の人のレビューからだと
「真空管っぽくない」
って意見が多いんデスよね。

確かに、真空管の強み?である
中域に厚みが出て、中高域・中低域が膨らむー
って感じではなく、
どっちかっていうと、
全体的に音場・音圧があがって、中高域あたりの伸びが
増えてくるようなそんな感じですね。

ここで!!!
今までゴッサムの2111を使ってたんですが
ついこの間!バイタルに変えました。

そしたら、いやー
中低域がイキイキしてきて、
ものすごくHD650との相性がいいです!

まさに最高


関係ないけど、こいつ
3W3Wのスピーカー出力ついてるんですよ(使う機会なし)
DSC01851.jpg
(配線汚くね・・・。)

でも値段が7万8万するんですよねこれ。
高いなーって思ったそこのあなた!
なんかRudyも同じ感じの音らしい(試聴の機会がないんです)
ので、一度試聴してみたりして、購入を考えてみたら?

そんな感じで真空管アンプもっと増えろ!!!!
(今年あたりcontinentalV3買うかも・・・。)

ではまた
プロフィール

四季幽稀

Author:四季幽稀
個人サークルの「病愛てぃたーにあ」でなんかいろいろしていきたいと思います。

咲SS用のブログ:http://blog.livedoor.jp/sikiyuki_sakiss/ こちらもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。