スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マランツHD-DAC1のれびゅう

はいどーも。
ごぶさたでございます、四季です。

年も明けましたが、まだまだ寒い日が続きますが
ウチの庭からはオリオン座や北斗七星が綺麗に見える季節ですね。

っと前置きはここまでにしといて、、、

本題へと行きましょうか。

事の発端は、ツイッターで某氏に
ブログでDAC1のレビューしろ
と、いきなり言われたので、まあ需要があれば、、、と

マランツのページだよ



【前置】
DSC01844gh.jpg

DAC1購入の理由 : 今までDACとして使っていたHP-A4。
              しかし、HP-A8やTRV-84HDⅡの購入などにより
              「あ、でっかいDAC欲しい!」と思ったのが最初。
              でも、A8の音はどうにもパワーが足りないような(オーディオはパワーだ!!)
              A8の対抗馬として挙げられているU-05はパイオニア・・・。
              大のパイオニア嫌い
              (身近なパイオニア製品の多くがソフト面でいろいろ問題があってな)
              としてはちょっとなあ。

              そんなところに某価格.comさんのクチコミに
              「マランツ、A8レベルのDAC複合機出すってよ」の文字が・・・!
              その時僕は決意した。
              「試聴して悪くなかったら買おう」と。
              
              そして買ったというわけである。

【試聴段階の感想】
              発売されてから、天下のeイヤホンさんで
              PC→DAC1→HD650 という環境で聴かせてもらった。
              まあ周知の事実であると思うが、私は岸田信者である。
              が、eイヤホンさんのPCに岸田教団なんか入ってるはずもなく
              とりあえずは、ラブライブ!の曲を数曲流してみました。

              正直、TRV-84HDⅡにアナログ接続しようと思っていた私は、
              ヘッドホンアウトの音なんか気にもせず
              「まあ、こんくらい解像度ありゃ十分だな」
              という感想とともにeイヤホンさんを後にしました。

【購入後の感想】
              すでにでているレビューで言われてた通り
              見るからに付属USBケーブル音悪そう。

              のでA4ちゃんの付属ケーブルを装着。

              からの
              PC→DAC1→84HD→HD650で聴いてみた。

              そしたらなんと、聴いてびっくり。
              「え?こんな音よくなるもんなの???」
              詳しくは後述

              とまあ、その後K712とかで聴いてたが、ここであることに気付く。
              「K712と真空管、相性よくなくね?」

              そして僕のサブヘッドホンアンプ探しが始まった。

              とりあえずX-HA1を試聴してみた。
              しかしどうも、音場が狭く納得がいかない。

              ここであることに気付く
              「DAC1、ヘッドホンアウトにこだわってたような?」
              そこで、DAC1にK712を刺してみたところ、くそよかったので
              サブアンプ探しは終わった。

              という話です。

【詳しく話すよ】
デザイン:全体的にシンプルなデザインで、前面の円形のディスプレイがかわいい!
      側面の木のやつ(語彙力がない)が、高級な機器っぽいようなにおいを醸し出してて好きです。
DSC0184bfx5.jpg


音質:アナログ出力:A8やU-05でPC→DAC→HPAという繋ぎ方をしてないので
             なんともいえないのですが、
             A4よりは格段にレベルが上がってますね(そりゃそうだろ)
             実際、AUXINも付いているので、
             手持ちのF880から繋いでHPAへと流したんですが、
             DAC1のDACチップの方が格段にええやん!!(そりゃそうだろ)ってなりました。
             初めてDACチップの性能の違いを見せつけられましたね。
             F880とA4じゃあんまり差がなかったもんで。。。
  ヘッドホンアウト:これは結構驚きました。
              いうても、複合機ですからね、あんまり期待はしてませんでした。
              なので、本当に驚きました。
              アンプとして同価格帯のX-HA1とか、OPPOのHA-1とか試聴したんですが
              それよりも断然こっちの方がいいですね。
              K712やQ701と相性がいいのでAKGヘッドホンユーザーには
              是非一聴していただきたいな、と。

              K712で聴いた印象ですが、
              とりあえず一言で表すなら「THE・アニソン向け」って感じです
              ボーカルが一歩前に出てくるんですが、中低音・低音が豊富なので
              アニソン向け()とはレベルが違います。
              中高音・高音の解像度が高く、中音域の音場が広がりつつ伸びてくる機種って
              割と、中低音・低音がスッカスカになってしまうんですよね。
              でも、この組み合わせ・・・というかDAC1は違いますね。
              HD650で聴いたときも、やっぱり同じような感じですね。
              元々中低音・中音を売りとしてる機種なんでどうかな?と思ったんですが、
              上の音域が伸びてきて、中音~高音の音の出方はHD700に似てますね。
              低音・中低音の量は元々多いのでどうなるか、と気になるところですが、
              量は多くても、音場が広いおかげで他の音域と被らずに鳴ってるので、
              すごくバランスがいいです。

操作性:初めてリモコンで音量あげると本体のボリュームつまみが同期して動く機種を買ったので
     すごく感動しました。
     試聴するときはリモコンなんて置いてないですからね。
     まあ、「入力切替のつまみ動かしづれえな」と思っていたんですが(なんかつまみが硬いんよ)
     リモコンで操作できるので問題はなかったですね。すばらです。

     後は、本体がくそでかいってわけではないので、配線もいじりやすいです。

機能性:正直USB入力とアナログ出力二系統あれば他はいらないなーなんて思ってたんで
     特に、不満はないです。
     あと、ゲインがいじれるらしいのですが、いじり方が分かりませーん!誰か教えてー

     それと、これ埃絶対入るよね
DSC0184gsg6.jpg
     
     と、思ったんで読売新聞さんに貰ったハンドタオルをw
DSC0184jjs7.jpg

     何気にサイズが同じなのが笑いどころです。

総評:10万以下でDAC、もしくは複合機を買うなら真っ先に候補に入れていいと思いますよ。
    実際、ヘッドホンアウトの音もいいので、アンプとしてもアリ?

    あと、今はUSBケーブルを替えてます。
    個人的に「USBケーブルで音変わるの?」という疑問があったので
    オーディオクエストのシナモン2を試験的に導入してみましたが、やっぱり音変わるもんですね。
    まあ、これ以上沼に沈まないように気を付けないと。

    
レビュー終わり!!

どうです?価格.comのレビューみたいに書いてみましたが、どうでしょう?

まあ、他にもこれのレビュー書いて!とかあれば、書きますよ。

需要があれば供給はします。

ではでは、また次の機会に
スポンサーサイト
プロフィール

四季幽稀

Author:四季幽稀
個人サークルの「病愛てぃたーにあ」でなんかいろいろしていきたいと思います。

咲SS用のブログ:http://blog.livedoor.jp/sikiyuki_sakiss/ こちらもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。