スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すけるとんケーブル[Cervical]のレビュー

おはよー!

どもども!
結構長い間書いてませんでしたねw

さて先日(3/23~3/26)関西聖地巡礼の旅!
やってきました。(結構前じゃん・・・。)

いや帰ってきたらすぐ書こうと思ってたんですが、忙しい&やる気が。。。

というわけで今回、やっていこうと思うわけなんですが。
咲-saki-の聖地行ってきた記事でもよかったんですが、
春のヘッドホン祭りもあと一か月!ということなので
今回はこちらを紹介しようと思います。

CCUVCsKUwAAGrOY.jpg
どれ!?
と思うかもしれませんが、そこのケーブルですww

これは何かというと、すけるとん君の自作ケーブルです。
製作にはひびき君にも手伝ってもらいました。
このケーブル、名前はCervicalというらしんですが、そんなことは聞かされてないので
便宜的にすけるとんケーブルと呼んでいます。
元々はどっかの軍需用ケーブルらしいんですが、詳しいことは企業秘密!
しかも第一号機なので、

すけるとん「音は作ってからのお楽しみ!」


ということで、まあ実験も兼ねてということなんですがw

聴いた当時の僕はこんなこと言ってますね

へぇ~そうなんだ~
まあ補足すると、UMPRO30の長所をぐっと持ち上げた感じですね。
UMPRO30しかMMCXイヤホン持ってないんで、それの感想しか言えませんが、
割とフラットに且つ全体的に明るく解像度を上げてみました
みたいな感じでしょうか。

正直ここんところエイジング効果どうなるかずっと聴きこんでたら
案外しっくり来すぎて、元のケーブルに戻しても
「あれ?音悪い!」としか感じなくなってしまった。。。
エイジングによって、段々デメリットも見えてきましたけどね。

メリットは上記のとおり全体的に解像度がよくなり、ボーカルの伸び
及び、リードギターがぐっと映えてくるんですが、
デメリットとしては、元々そんな苦手ではなかったはずの
中域のミッドあたりが中域のハイよりも伸びてこなくなってしまっていて、
ちょい低いくらいの女性ボーカルだと曲によって、伸びてきてほしいところまで
伸びてきてくれない!ってことですね。
(岸田教団とLiaとかで比べてボーカルのみ意識すると顕著にそう思うかも)
気にならない人は気にならないだろうし、それよりも中高域の鳴り方が素晴らしいので
まあ特段気にするほどでもないかなぁとも思いますが、すこし感じたので書いときます。

CCUVB7nUEAAkoef.jpg
スマホだと画質悪いなwww
接合部分はこんな感じです。
厄介なUMPROシリーズですが、きっちりハマってます。

CCUVDiqUIAAaMpv.jpg
プラグはAmphenolの3.5mmステレオミニプラグです。
半田での音の変化はこの前聴いてびっくりしたんですが、
プラグのメーカーによる音の違いってのはまだ聴き比べたことありませんので
特段言うことはありませんw

あと、なんかひびき君が丁寧にプラグに半田付けしてくれたからか
なんなのか知りませんが、バランスっぽく聴こえます。
思いのほかLRできっちり音がわかれてるというか、
綺麗にわかれて鳴ってるというか。なんともいえませんが、
僕もアンバラでしか聴かないので、使っててすごくびっくりしましたww

取り回しは、悪いと言えば悪いですが、
普段からユニバースプロ使ってるのでそこまで不便ではないです。
クセが付きやすいのがめんどうではありますが。

まあ、ぶっちゃけ市販品ではないので欲しい方はすけるとん君に頼んでね

としか言いようがないんですが5kくらいで作ってくれたので、
すごくコスパがいいです。
ユニバース無印に変えるくらいなら断然オススメできます。



余談その1

筋骨格というすけるとん君自作ミニ-ミニケーブルも試聴させてもらいました。
一号機と二号機で半田が違うらしいんですが、
どっちも全音域ずつのミッドから
(説明しづらい)
(高域のミッド、中高域のミッド・・・ということを言いたい)
元気に鳴ってくる感じなんですが、二号機の方がわりかし落着き目で
ぐっと持ち上げられてる感じで僕は二号機の方が好きでした。
すけるとん君的には一号機が好きらしい
(逆だったかな?ま、いいや)


余談その2

Viablueという、これまた自作MMCXケーブルも頼んでお金も払ったのですが
まだ送られてないので、忘れないようにしてね☆(業務連絡)

まあいろいろトラブルがあったんですけどね。製作過程で。。。



と、いうわけで
気になった方は是非!すけるとん君にリプ飛ばしたってくださいww

では、今回はこの辺で!またね!


追記4/12

すけるとん「取り回しは圧倒的改善した。MMCXは独自カバーをデフォで採用する。
        Viablueの方は忘れてません。」

だそうです。やったぜ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

四季幽稀

Author:四季幽稀
個人サークルの「病愛てぃたーにあ」でなんかいろいろしていきたいと思います。

咲SS用のブログ:http://blog.livedoor.jp/sikiyuki_sakiss/ こちらもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。